貸したい・借りたい

資産運用

土地活用あれこれ

土地活用と聞いて何を思い浮かべますか?ほとんどの方が、まず「賃貸マンション」をイメージされるのではないでしょうか?しかし、テナントに貸すのも活用、駐車場として利用するのも活用、土地を売却するのも活用と言えます。全ての土地に「地の利」が存在し、全てのお客様にそれぞれの「ライフプラン」が存在します。そして、それぞれの活用方法にメリット、デメリットが存在しております。

「何故、土地活用をするのか?」目的・目標を明確にし、それを達成するための活用方法を選択することが大切です。 様々な分析を行いながら、お客様に最適な活用方法をご提案することが我々の使命と考えます。

土地活用の事例のご紹介

当初はマンション建設から検討を始めたが、多額の借入をすることに不安を覚え、ご近所付き合いの中で高層建物を建築することにも抵抗があった。
立地条件として駅や買物施設、小学校なども近く、周辺アパートも単身向けよりファミリー向け物件の方が入居率が高いことが調査で分かり、投資額が少なく、安定性の高い戸建賃貸活用を選択。

戸建賃貸を建てるにあたっても、80坪は畑として残しておくことで、当面は畑仕事を続け、今後は入居者向けに家庭菜園として貸し出すことも検討。

当初はマンション建設から検討を始めたが、多額の借入をすることに不安を覚え、ご近所付き合いの中で高層建物を建築することにも抵抗があった。
立地条件として駅や買物施設、小学校なども近く、周辺アパートも単身向けよりファミリー向け物件の方が入居率が高いことが調査で分かり、投資額が少なく、安定性の高い戸建賃貸活用を選択。

戸建賃貸を建てるにあたっても、80坪は畑として残しておくことで、当面は畑仕事を続け、今後は入居者向けに家庭菜園として貸し出すことも検討。

将来、子どもの住宅用地として空き地を所有しているが、当面は建築の予定がなく、数年の間は何か土地活用ができないかと検討。
比較的人の目につく場所にある土地であったので、弊社宣伝看板の設置をご提案。

子どもが新築をするまでは、宣伝看板設置による設置料を受け取ることができ、空き地の有効活用と将来の資産運用が両立された。

全戸3LDKタイプのファミリー向け賃貸マンションを所有しているが、築年数の経過により設備の劣化や、古くさい間取りということも原因となり、空室への入居がなかなか決まらない状況が続いていた。
現段階で空室となっている6部屋を、2LDKへと間取りを変更し、劣化した設備も交換。
カップルや新婚さん、夫婦2人暮らしでも暮らしやすい居室へとリノベーションを行った。

完成後は、以前の家賃より2千円上げて再募集したが、1ヶ月も経たずに全ての部屋の入居が確定した。
今後も入居率の状況を見て、リノベーションを検討している。

  • 新着情報
  • スタッフブログ
  • 会社概要
  • プライバシーポリシー
へいせいのCMはこっちだよ